2024.05.10

アメリカのトレイル系で一番売れている ヘルメット【FIXTURE2(フィクスチャー2)】

GIROの人気ダートヘルメットFIXTUREがデザインを一新しFIXTURE II(フィクスチャー2)として新登場、日本国内でも人気のヘルメットとなっています!


コア マウンテンバイカーの、トレイルライドにド定番のヘルメット

枝葉やキツい日差しから顔や目を守る大型バイザー。
後頭部までしっかりとカバーできる深い被り。
高い通気性。

内部のフィット感が日本人に合わないと思われるかもしれませんが、そうではありません。

多くの日本人にフィットするユニバーサルフィット

FIXTURE IIはユニバーサルフィットと呼ばれる日本人が被りやすいフィット感を採用しフリーサイズ(頭囲: 54-61cm)と、小さめのモデル(頭囲: 50-57cm)、大きめのモデル(頭囲: 58-65cm)の3サイズ展開。

スタンダードなユニバーサルフィット(UF)で横幅17.5cmと被りやすい横。

サイズ感の目安

・普段ヘルメットをアジアンフィットのMサイズを被られている方はフリーサイズで問題なし。

・アジアンフィットのLサイズXLサイズしか入らないという方はUXLサイズがGood。

逆にアジアンフィットのMサイズで極端に広く感じてしまう方や、普段のヘルメットはSサイズという方はフリーサイズか小さめのUYが合うかもしれません。

フィットする秘密‥

下の画像を見ていただけると分かるのですが、ロックシステムが頭の周りをグルリと1周しています。
これがユニバーサルフィットに加えて、GIROヘルメットがフィット感が良い理由の一つ。

よくあるパターン(他社)として、こめかみ部分から頭の後ろを巻いて反対側のこめかみ部分までのシステム。
それだと、ヘルメット前部に額を押し付けるので、フィット感が合わない可能性があるかもしれません(当然それが合う方ももちろんいる)ので、少し気にして確認するのがよいと思います。

安全性、快適性を高める設計

ヘルメットで1番重要な「安全性」はヨーロッパ安全基準(CE-1078)をクリア。
※上記CE-1078規格は世界的に自転車ヘルメットに採用されている安全基準

250gを切る軽量性 (w/o Visor)

300gを超えるヘルメットが多い中、FIXTURE IIは実測250gを切る249g。
バイザー入れても+36gで、285g!

UYだと231g、UXLでも290gと軽量です。

この軽量性を可能にしているのは、内部のEPSライナー(発泡素材部分)に外側のポリカーボネートシェルを圧着させることで接着剤を使用せず軽量かつ耐久性も確保する「インモールド成型」のおかげです。


◆ヘルメット内部の空気の流れ、快適なMTBライフには不可欠です!

16個の大型ベンチレーションホール(通気口)が搭載。
前方は風を取り込みやすい形状になっており、下の画像内緑線の部分は前から入った空気を頭に届ける「ウィンドトンネル」
オレンジ線部分はパッドにもウィンドトンネルを設置!

前から入って、ウィンドトンネルを通った風と、自分から発される汗などの湿気が、後方から抜けやすい形状になっています。


顎のバックルはつけ外しに定評のあるオリジナルバックル。

後部のアジャスターダイアルは大型ダイアル。
周囲がラバー製になっており片手で回しても滑りにくく調整が簡単です。

またダイアルサイドには夜間に安心なリフレクティブシールを貼付けられています。



実はマルチにも使えるデザイン

工具なし着脱できるバイザー、外してみると丸っこくコンパクトなシルエットでクロスバイクやミニベロなどシティサイクルにピッタリ。
※キャップスタイルは参考

ベースボールキャップにも対応

普段から使っているキャップと合わせてアーバンスタイルへ。
調整幅の広いユニバーサルフィットだからできる。

サイクリングキャップではまた違った印象に

様々な印象にアレンジが可能、ヘアスタイルを気にするならキャップとの合せ技もおすすめです。

そして工具不要で付属のバイザーも元通りにすることが可能。


FIXTURE IIは様々なシチュエーションでスタイルやファッションに合わせた被り方が可能なヘルメットです!