GIRO
2022.10.15

1日中アドベンチャーを堪能したい!歩ける最高峰のグラベルシューズ『RINCON』

グラベルバイク・マウンテンバイク・シクロクロス・ロードバイク(2穴クリート用ペダル必須)、様々なジャンルのライドにフィットするシューズの『RINCON(リンコン)』!

紐靴の最大の魅力「フィット感」

紐靴じゃないのにテーマに「紐靴の最大の魅力フィット感」とは何だろうと思われるかもしれませんが、それをかんたんに紐解いてみます。

Boa嫌いだった?いえいえ、そういうワケではありません。

GIROといえばあのEMPIRE。紐靴(シューレースタイプ)のビンディングシューズがとても有名ですが、そのEMPIREをリリースしたGIROが開発したBoa採用のシューズです。

ついに、Boaを採用してフィッティングに納得できるシューズができたと言っていいと思います。

ワイヤーガイドに注目!

上の画像が締め込む前、タンの両サイドにあるワイヤーガイドが他社でよく見られる樹脂製ではありません。

これを締め込むと下の画像のようになります。
ギュッと縮まって、ワイヤーガイドを引くのですが、これがシューズのアッパーと一体になって均一に「面」で締めているような感覚が!

この方法により、他社に比べても圧倒的なフィット感を得ることができるのです。
どうしてもこの部分に樹脂パーツがあると強く締めれば締めるほど均一な「圧」になりにくいですよね。


しなやかで、頑丈な、シンクワイヤーメッシュ

シンクワイヤーメッシュ構造を使ったアッパーを持つモデル、実はロードのトップモデルである「Imperial」と「empireSLX」に採用されているのです。
特徴は「しなやか」「頑丈」そして特筆すべきは「通気性」の良さ。ツール・ド・フランスを走っている選手もこのアッパー素材を採用したシューズを履いている(隠れて使っている選手もいるとか…)ことからも実力が伺えます。

それに加え、アッパーは縫い目の無い(なんとカカト部の1箇所のみ)シームレス仕様、これもフィッティングの良さに直結する部分。
「締め込むと縫い目が当たって痛い」なんてお悩みもお伺いします。
この悩みはシューズがいくら馴染んでも解決しませんので、是非試着の際は注意してお試しください。


このネジは??

ここにはスパイクが後付けできます。(トゥースパイクキット)
急勾配の泥の斜面で滑りにくくするためで、特にシクロクロスに出る方が付けることが多いです。

※硬い路面や舗装路で歩くことがある場合は、まったくオススメしません。とても歩きにくくなりますのでご注意ください。

ソールが気になる

ソールのメイン部分はナイロンコンポジットソール、それを覆う形でアグレッシブラバーで滑り止めを配置。
土踏まずにある格子状の部分もペダルが上手くはまらなかった場合は、あせらずそこにペダルをおけばひとまず大丈夫なようになっています。

足元のリフレクティブ、実は有効!

ライト等はできるだけ高い位置が目立ちますが、シューズは後ろから見ると30cm以上の上下移動を繰り返しているので、この部分に反射素材は有効。
すでに朝夕は薄暗いので、通常のライドのときも目立ってくれます。

すぐにご購入はこちらから↓↓