GIRO
PEDALS

ペダルタイプ

ペダルシステムにはさまざまな種類があり、ペダルとライディングスタイルの両方に合わせてさまざまな靴を利用できます。では、あなたに合った最高のテクノロジー、フィット感、パフォーマンスを備えた適切な靴をどのように選択しますか?

フラット vs クリップレス(クリップイン)

ペダルは、フラットまたはクリップレス(「クリップイン」と呼ばれることもあります)の2つのカテゴリに基本的に分類されます。フラットサイドとクリップレスサイドを組み合わせたペダルも市場に出回ってはいます。
シューズの好みやライディングスタイルに応じて使用することができます。

フラットペダル

フラットペダルは、初めてのレクリエーションサイクリストから本格的なマウンテンバイキングまで、幅広いライダーに人気があります。ペダルは両側がフラットなので、自転車にまたがりすぐに走り出すことができます。このシステムは、ペダルのピンに靴底のラバーが食いつき、動力を伝達していきます。

フラットペダルを使用すると、自転車の乗り降りが気軽にでき、ペダル上の足の位置を自由に置くことができます。フラットペダルシューズは、(名前が示すように)底が平らであるため、ペダルに「クリップイン」するようには設計されていません。

クリップレス(クリップイン)

クリップレス(またはクリップイン)ペダルは、より楽に走りたい人やレースで高いケイデンスや高いパワーの伝達を求めるライダーによって使用されます。クリップレスシューズは、ソールが硬く、シューズの底に直接取り付けられたクリートを介してペダルに「クリップイン」できるように設計されています。使用するには少し練習が必要ですが、転倒した場合にリリースするように設計されており、パフォーマンスを求める方に高く評価されます。

クリップインしているのに「クリップレス」と呼ばれるのはなぜですか?
サイクリング初期の頃、ロードレーサーはペダルに金属製のケージとクリップと呼ばれる革製のストラップを使用して、ペダルと足をつなぎ合わせて効率を最大限に高めていました。 「クリップレス」への言及は、この種の「クリップ」が必要だった頃のストーリーがあったからなのです。

クリップレスペダルシステムには主に2つのタイプがあり、それぞれに以下のような、それぞれの利点があります。

SPDタイプ

SPDタイプは、マウンテンバイクスタイルのペダルやシューズに最もよく使用されています。クリートとペダルは小さく、泥履け性能がよく、マウンテンバイク、グラベル、サイクリングでよく使われています。小型なシンプルな2ボルトシステムにより、クリートを靴底の中に収まっています。これにより、歩きやすくなり、アグレッシブなトレイルライディングから街中のサイクリング、屋内のスピニングエクササイズまで、さまざまな利用方法があります。

LOOKタイプ

「ルック」タイプは、ほとんどロードサイクリングのペダルとシューズにのみ使用されます。

クリートとペダルはより大きな面で取り付けられ、スプリントと高強度のペダリングに必要なパワーをサポートすることで、非常に安定した効率の良いペダリングをすることができます。

3ボルトシステムでは、シューズ底が硬いシューズが必要であり、靴底にクリートを格納することができないため、自転車から降りたときの歩行はしにくくなります。