GIRO
SHOES STYLE

自転車別のシューズの違い

ロードサイクリングシューズ

一般的には、ロードサイクリングシューズは硬くて軽いほど良いと言われています。彼らはレースから生まれたので、ロードサイクリングシューズは、最大のペダリング効率を満たすように、かつ軽くて硬いように作られています。フィット感は、靴の内側の足を安定させるためにかかとがしっかりしており、滑らかな形状のアウトソールがあります。
通常、丈夫なナイロン、カーボンファイバー、またはこれらの素材の複合材で作られています。
長時間の歩行には設計されていませんが、歩行で滑り防止や保護のためにヒールとつま先のパッドがあります。

ロードサイクリング専用に作られいるシューズは、クリップレスペダル専用に設計されており、2ボルトまたは3ボルトのクリートが使用できるようになっています。

ソールの柔軟性は無く、クリートがソールから突き出ているため、オフロードライディングや、長時間のウォーキングが必要になる可能性のあるライディング(自転車ツーリング、マウンテンバイク、バイクパッキングなど)には使用しないでください。

ロードサイクリングシューズ一覧

レクリエーション用自転車シューズ

レクリエーションシューズは、アーバンサイクリング、インドアサイクリング、またはのんびりと自転車に乗ることができるように作られています(または、カジュアルなスタイルで靴を交換しないでも、カフェや街中でぶらぶらするのが好きな人向けです)。それらは、日常のカジュアルシューズと専用のサイクリングシューズのハイブリッドと考えることができ、慣れ親しんだ快適さ、ペダリング効率をとったスイートスポットなシューズになります。専用のロードサイクリングシューズやマウンテンバイクシューズほど硬くないため、歩きやすくなっています。また、ペダリング中に足を安定させ、岩やダートから足を守りさらにシューズ自体も耐久性のあるアッパーを備えています。そしてどこを歩くときにもトラクションの高いグリップ力のあるソールを備えています。

カジュアルバイクシューズは、フラットとクリップレス(クリップイン)の両方の種類があり、各システムの利点は、先に説明した内容の特徴があります。
一般的に、ペダルから足を離す必要がある場合はフラットペダルシューズの方が簡単ですが、クリップレスではよりパワーの伝達がよく効率的です。

アーバンシューズ一覧

マウンテンバイクシューズ

マウンテンバイクのシューズは、運動靴やスケートシューズよりも硬めですが、一般的にロードサイクリングシューズほど硬くはありません。
クリップレスまたはフラットスタイルの靴を選択するかどうかにかかわらず、アウトソールはペダルやダートの中で優れたトラクションとグリップを発揮するように設計されているため、どんなコンディションでも歩いたりすることができます。

ロードサイクリングシューズのように、適切なペダルとシューズを選び、ライディング時にアーチサポートとかかとの快適さを感じる必要があります。

クリップレスマウンテンバイクシューズ:クリップレスマウンテンバイクシューズの利点は、ロードサイクリングシューズと同じです。ペダルにクリップで留めることで、岩や根があってもバイクとの一体感が高まり、バニーホップやバイクのコントロールも簡単になります。さらに、「下半分のフィット感」を完璧にして、足、膝、腰をすべて揃えることで、レースやトレーニングでより高い、またはより強力なペダルストロークを維持しやすくなります。

クリップレスの靴とペダルの組み合わせを選択する場合は、最高の快適さとパフォーマンスを得るために、クリートの位置を適切に設定することが重要です。これを行う方法がわからない場合、または膝の痛み、足の不快感、または同様の懸念がある場合は、プロの自転車フィッターまたは最寄りのGIROディーラーにご相談ください。

フラットペダルマウンテンバイクシューズ:フラットのメリットは、自然にペダリングでき、直感的に使用できることです。
自分の置きたい場所に足を乗せることができ、いつでも微調整をすることができます。また、狭いコーナーや急にストップする場合でも、転倒しかけた時はすぐに足を出すことができ安全です。

フラットペダルでのデメリットもいくつかあります。
足がペダルに固定されていないため、特に濡れた地形や非常に岩の多い地形では、ペダルが滑ったり、足が外れたりする可能性があります。
バニーホップやサイドホップなどの動き、後輪の持ち上げなどのスキルを習得しない限り、そのような場所を走破するのは難しくもなります。クリップレスはそのような場所での、スキルを補ってくれる役割もします。
また、長期間にわたって高いケイデンスを維持することは難しい場合もあります。

マウンテンバイクシューズ一覧