ママチャリについているあれの進化版

携帯性&セキュリティを兼ね備えたある意味の最適解?

馬蹄錠、フレームロックと言われる自転車にマウントされた鍵。
昔からママチャリについていた、ガチャッと止めるやつです。
これもドイツのマーケットで熟成されるとハイエンドな鍵の一つに。
鍵の持ち運びが不要で、一瞬でロックできる、あらためて便利な鍵です。

そして施錠時、隙間も少なくシャックルも太めなのでセキュリティも高いので、携帯性とセキュリティを両立させたある意味最強の鍵かもしれません。
ただ、当然地球ロックはできないので、自転車をひょいっと持っていかれると防げないという点も…
ABUSはその点についての備えも用意があります。


TECTIC 496 NR

まずは、価格もお手頃で比較的シュッとしたデザインのTECTIC496。
8.5mmの焼入れされたスチールシャックルでLEVEL6。
重量は450g。
まずは、フレームロックを試してみようかという人はこの鍵からいかがでしょうか。

AMPARO 4750X

8.5mm焼入れされたスチールシャックルで、太いタイヤにも対応したデザイン。
重量は850g。
このフレームロック地球ロックができない問題を解決するための、延長チェーン、ケーブルが追加できるオプションがあります。
横に穴が開いていて、そこにチェーンを取り付ければ、地球ロックも可能。

6950M AM GRANIT XPLUS

ハイエンドフレームロック。
8.5mm焼入れスチールのシャックル。
LEVEL10。
「GRANIT」が付くやつはABUSの最上級のものになってきます。
6950は、ディスクシリンダーのX-PLUSキーを使っていてピッキングも不可能。
そして、なんとマウントの穴位置をスライドして調整できるので、コミューターバイクからE-BIKEまで幅広く対応します。
オプションの延長チェーンも対応


取り付け方法

取り付け方法は3種類
・フレーム側の台座

海外のコミューター系にはこの台座がついていることが。
その場合はそこに取り付けを

・カンチブレーキ台座用のアダプタを使用
 SH MOUNTING BRACKET

 カンチブレーキの台座に固定して、ブレーキの台座を作るアダプタ

・フレームにバンド
 TIGHTENING STRAP LH ADAPTOR

 シートステーに、バンドでとめて台座を作るタイプ。
 ※シートステーの開き具合と、鍵の穴のピッチの組み合わせの確認が必要


オプションパーツ

延長チェーン

AMPARO 4750Xと6950M AM NR BK XPlus GRANITにはサークル錠にプラスして固定物などに装着することができる延長チェーン

このように固定物に固定することで、
自転車ごと盗まれるリスクは減らすことができます。

・4850チェーン 6KS 6mmチェーン
 6mmの延長チェーン

・ACH IVY 6KS
 6mmの焼入れ角チェーン。

¥8,910 (税込)

 さらにスリーブがIVY TEX素材。
 長期間使用しても、布がボロボロに摩耗しない特殊な強い生地に


・4850ケーブル 12/100
 12mmの1mのケーブルです。


NRとRの違い

商品名の後ろにNR、Rと記載があります。

こちらは
NON KEY RETAINING:キーを本体に保持しない
KEY RETAINING:キーを本体に保持する


の記号になります。
鍵を開けた時に、鍵がそのまま本体につきささったまま残るタイプが「R」
抜けるタイプが「NR」です。

強い鍵でかつ、持ち運びに悩まされない、一つの解決方法。
フレームロックもぜひご検討ください!!

↓今回ご紹介したアイテム↓